ニキビ跡の原因と治し方

ニキビがせっかく治ったのに、ニキビ跡が残ってしまい、なかなか治らないということありますよね。

ニキビ跡が残ってしまう原因は、炎症によってできた傷や血液がかたまったものが透けて見えていたり、肌を再生する組織がダメージを受け、新しい肌の再生ができなくなっていることだといわれています。

そのため、薬などで治すことは難しいとされています。

治し方で大切なのは、洗顔や化粧水による保湿によって肌のターンオーバーを活発にすることで、新しい肌に生まれ変わらせることなのです。

そのためには、乾燥させない洗顔や浸透力の高い化粧水を使って、根気よくケアを続けることなのです。

肌のターンオーバーの周期は、28日~45日といわれ、これを数回繰り返すことが必要だそうです。
ある程度の期間が必要なので、あきらめずにケアを続けることが大切なんですね。

 

 

© 2016 ニキビ rss