ニキビの場所や原因

顔のニキビは、いろいろな場所にできることが多いのですが、それぞれの場所によって原因が違うといわれています。

おでこや鼻 などのTゾーンと呼ばれるところは、もともと皮脂の分泌量が多く、ニキビが できやすくなります。
でも、大人になって皮脂の分泌量が落ち着いてきたのに顎や頬、フェイスラインなどにできることが多くなるといわれています。

その主な原因は、ホルモンバランスの乱れによってできる肌の乾燥なのだそうです。

大人になると、仕事のストレスや生活習慣の乱れ、生理や妊娠などといったことにより、ホルモンバランスが乱れると、肌が乾燥してしまいます。

肌の乾燥は、毛穴をつまりやすくさせるだけでなく、皮脂の分泌量が増えてしまい、ニキビができやすくなるのだそうです。

もし、急に皮脂の量が増えたと感じるようなときには、肌が乾燥している のかもしれませんね。

ニキビを予防するため、しっかりと保湿をしましょう。

 

 

© 2016 ニキビ rss